スーパーコンパニオンの歴史

そもそも宴会の歴史は古く、1万年以上も前からあったとされています。

火をおこし、そのまわりで動物の肉を焼いて、きっと、集落で集会や食事をとっていたのでしょう。

それから、紀元前7000年頃に、中国で初めてお酒が発明されてからは、中東、エジプトなどでも飲まれ始めました。

ワインなどは、紀元前2700年頃にエジプトの王家が飲んでいたことが、副葬品の中からも見て取れます。

かつての日本では、芸者さんや芸子さんによる接客などが有名でしたが、現代に至るまでに次第にスーパーコンパニオンへと主流が変わってきているようです。

バブル時代までは、コンパニオンという形で、パーティーでの接客が中心でしたが、次第にサービスがエスカレートして、スーパーコンパニオンなる色気が中心のコンパニオンが現れ始めました。
(資料|だからやめられないスーパーコンパニオン情報 http://www.completeandroidguide.com/)

現在では、シースルー、ランジェリー姿のピンクコンパニオンやコスプレに特化したコスプレコンパニオンといった風に、いろいろな呼び方がされています。

スーパーコンパニオンは、旅館や料亭などが間に入って、派遣会社から呼び寄せるパターンもあります。

一方、宿泊をしない特定の居酒屋、ショーパブ、カラオケバーでも店舗により、スーパーコンパニオンを呼び寄せることが出来るようです。